低金利キャッシングのデメリット

低金利キャッシングのデメリットは審査の厳しさです。

銀行のキャッシングをイメージするとわかりやすいです。
銀行のキャッシングは、低金利で融資額が多いのですが、その代わり審査は厳しめの傾向にあります。
審査で落とされないためには、それなりの信用が必要です。

銀行は総量規制対象外です。
消費者金融のように、限度額が年収3分の1までといった制限はありません。
年収による限度額の制限がなければ、年収の3分の1以上のお金を借りる事が可能で、融資額も多めとなります。

銀行のキャッシングは、消費者金融と比べ、好条件です。
しかし、アルバイトやパートといった収入が不安定な方は融資を断られやすい傾向です。
例外は専業主婦向けのカードローンで、こちらはパートナーの信用によって借り入れ可能です。

低金利キャッシングのデメリットを把握した上で、申し込み先を検討しましょう。

収入が不安定な方は、普通に大手中小の消費者金融に申し込むほうが得策です。
収入が安定しており、勤続年数もしっかりされている方は、銀行のキャッシングのほうが有利です。

自分の信用情報を考慮せず、申し込みを行うと審査で落とされやすくなります。
審査で落とされてから、すぐに申し込みを行うと、次は余計に審査で不利になりやすいので気をつけましょう。

消費者金融は、金利の面では銀行より不利と言えますが、それでも借りやすさは大きなメリットです。
ある程度返済能力があれば、評価してくれます。

要点を押さえて申し込み先を検討しましょう。