銀行のキャッシング

キャッシングというと、消費者金融を思い浮かべる方も多いですが、最近では銀行などでもキャッシングができます。
実際、クレジットカード会社で発行するクレジットカードにも、ショッピング枠とキャッシング枠が設定されています。
そのような同じような形で、銀行でも、貯金の出し入れとは違うカードを発行しています。
また、それが営業の一つとして宣伝もされています。
言うなれば、銀行発行のキャッシングカードも消費者金融とは代わりはありません。
メリットとしては、お金を借りているという意識があまりない事、そして利息が少し低いです。
銀行としても営業成績に関係することから、キャッシングカードを作ることをすすめてきます。
特に、その銀行から大きい金額のローンなどを組む時には、金利優遇の材料に使われることもあります。
ある程度信用関係から、キャッシングを勧めているわけですから、消費者金融よりも多くの金額を借りることができるのも、メリットの一つといえます。
銀行では、キャッシングが大きな目的ではありませんが、貯金とは別の営業として、最近は当たり前のようにカードを作成しています。
借りる側としても、消費者金融ではないという点においては、利息が低い、金額が大きいというメリットから、利用されている方も少なくないです。
返済も口座から簡単に指定できたり、コンビニATMから簡単に行なうことができます。
借りる返すが、手軽にできる点も大きなメリットの一つかもしれません。